2017年07月17日

頂きトトト

景さん(HYPNOSIA)から頂きましたぁ!
△法廷へようこそ△
景さん.jpg
めっちゃ神々しいトト神3柱です!トト・トト様・ケオル君!
上から うちのトト、景さん、あやめさんのトト神様となってます!
いや〜毎回思う事は「トト神強いな・・・」と!もう、神!いや、神なんですけどw
太陽のラー神とは違う輝きというか「静かな美しい光」?感じます。
背景も凄くカッコイイし、何よりエジプト!!ここは古代エジプト!
実際彼ら(トト神)はどんな神話でもイイ仕事してるんですが
しかも!景さん、あやめさんの創作でもかなりイイ仕事しているし!!!
凄い存在感のあるキャラクターだと私は感じております!
トト神は陰の支配者だとずーっとずーっと思ってます、それくらい最強!(笑)

この法廷に来られて光栄です!というか・・・彼らと同じ高さに立ってられない(笑)
この場は跪くしかない!そんな神々しさを感じますね(^<^)トトトスゲー!
ここの空気は涼しげで神秘的!(涼みに行くという気楽な場所では無いがw)
3柱一緒!嬉しかったですー!お忙し中有難うございました!!
有難うございます!.jpg

☆★☆★☆★

アヌビスG.jpg
この組み合わせ、めったに無いとは思ったですが
「アヌビス」という、ちょい真面目な話しを考えてた時に
出てくるだろうな?と思った主な登場神様達。
長い漫画にするのは今は難しのでメモ的に4コマサイズで描き残しました。

△アヌビスの仕事△
@アヌビス@.jpg AアヌビスA.jpg BアヌビスB.jpg

CアヌビスC.jpg DアヌビスD.jpg EアヌビスE.jpg
が、しかし・・・
アヌビスF.jpg
アヌビスの闘志が消えかかる・・・w

アヌビスが初めてホルスと出会った時の話し?ですかね?
オシリス達に頼まれたはいいが
「こいつをファラオにするのは厳しくないか・・・!」と悩む状態w
うちのアヌビス自体、仕事はできるが「友達」とかそういう類のコミュニケーションが
出来ないタイプなので(孤高なので)
一見で「こいつ駄目だな」と思ったら壁を作っちゃうというか・・・。
なのでホルスを信頼するまでにはかなり時間がかかったし
とにかく悩んだと思いますwそこら辺は唯一心を開いているトトに相談する場面も
必ずあると思いますが、今回は描けずw

あと、コンスの存在はホルスを知る上で重要かなと。
結果、コンスの正体がアヌビスにばれる事になるんですが、コンスはそれでも
ホルスを守りたいので!テーベという組織無視で行動します。
アヌビスの性格上、絶対他に(ホルスを含め)言わないし、問題は無いです!
将来的にホルスがファラオの称号を受け偉くなった時には
補佐としてアヌビス、そして陰の補佐としてコンスが就くであろう!という流れを
イメージした内容です!いつか描けたらいいなぁ〜と!
あ、戦闘シーンも有るとは思いますが
たぶんホルスVSアヌビスかな?
「俺に勝てたら、ちゃんと話しを聞いてやる」みたいなwそんな男です、アヌビスww
posted by スミス at 06:06| Comment(2) | TrackBack(0) | エジプト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする