2011年10月19日

油絵

上下エジプト神闘図.jpg

展覧会参加目標の油絵が嬉しい事に入選できましたー!(号泣)
去年の12月から始めて今年の9月で終わっていた
私にとって今年一番力を入れた古代エジプト作品でした・・・・。(懐かしい)
北海道で行われてる「道展」に参加させて頂きました!
私はまだまだ無知過ぎて、去年は色々と恥ずかしい失敗とかもしてしまい・・・
今回はできるだけ間違いの無いようにと色々各専門の方々に確認してやりました!
初めての事が多くて本当に勉強になったと思います。
展示用の仮枠の付け方もわかったし・・・展示するための部品とか・・・少しは成長したか。
今思い出せば色々と作業過程で良い事も悪い事も沢山ありましたけど
語るときりが無いのでとにかく!無事に終わったという事で!!
見守ってくれた皆様、本当に有り難うございました!

改めて今回の作品紹介☆

今回のテーマは古代エジプト神話の「ホルスとセトの戦い」という事で!
それを胸飾りなどをイメージした装飾風に描いてみよう!との挑戦でした。
古代エジプトの人達ならこのテーマをどう形にするか・・・
持っている図説や図鑑を見ながらできるだけ使ってそうなデザインを組み合わせて
みたつもりです、アレンジした部分もありますが(自分が描きやすいようにw)

と、言いながらも自分は日本人であるので
大好きな屏風絵を参考に配置などした部分もあります。
尾形光琳の「紅白梅図屏風」、数年前から「ホルスとセトの戦い」は
この構図のイメージがあって何度か描いてますが、これに相応しいのは
油絵なんじゃないかな?と。なのでこの機会を借りて実行です。

△△△

ここからは実際描いた油絵で簡単に思い出語り。

油絵G.jpg 油絵F.JPG
『上下エジプト神闘図』
メインとなる二人の神様です。

油絵説明図.jpg
簡単に全体の構図を紹介!
色々な意味で「上下」を組み合わせた部分がありますねw
セト神は上エジプト守護神ですが一見・・・逆さ?下?に思えますね
ホルスが天空の神でセトは砂漠(地)の神なので、そこを強く。
そしてホルスが常に正義であり「真っ直ぐ」上に。
セトは必要な「善」の力に対しての「悪」という立場なので
「?」と思えるような違和感を感じる逆さにしてみました。
そんな存在だと思うんですよね、セトは。それが魅力だと・・・!
ナイル川を挟み長い間闘いを続けるというイメージです。
円になりグルグル・・・
今も神話が好まれて描かれるように終わりは無い。

△油絵作成記録△思い出日記。
@油絵@.jpg A油絵A.jpg B油絵B.jpg

C油絵C.jpg D油絵D.jpg E油絵E.jpg

@全体的に金色だろ!と思って黄色でとにかく埋める作業w

A決まったデザインをひたすら入れていく作業。
 (青がもったいないので黒を入れてマーブルで誤魔化した←ケチ)

Bとにかく空白を埋めるのに必死・・・キャンバスでか過ぎて辛い。

C取り合えず埋めてみた。ナイル川の模様なんとなく入れてみた。
 「紅白梅図屏風」の「川」のイメージがあるので末広がりに見えるように
  下の部分にボリュームを出したつもりですw

D全体的に色々と決まった!後は描き込みで勝負!時間が許すまで・・・!

E大体完成?後はポイント的に金色の絵の具を入れたい!
 今回はナイル川とホルス、セトの金部分に入れました。
 一見光ってるか分からないけど角度を変えるとそこだけ浮き上がる効果を狙い。

全体のイメージとしては「胸飾り」という装飾品なので
その当時多く使われていた宝石の色で組み合わせてみた・・・つもりw
セトの髪は何もデザインとして混ざらなく「紅」を拘りたくて。
でもホルスの羽がどーしても派手になるのでセトが負けてしまう・・・
と思い砂漠をイメージする部分を細かく色の入ったものにした思い出が・・・
ここでセト贔屓出しちゃったんですね(笑)
でもホルスの内側の羽はセトの髪に対抗して青でドーンと!でも負けた?

油絵の巧みな使い方が自分にはまだ理解できてないので
本当はもっと違う手法で描いたらもっと違う魅力が出たのかもしれないけど
これでいっぱいいっぱいでした。
描き方も大好きな「美の巨人たち」という番組で放送された
ファンエイク兄弟の作品を何度も見て参考に・・・
油で溶いた薄い絵の具で7回?くらい重ねて塗って
宝石とかを描いてたらしい・・・7回は無理だよ、先生。

気分転換のために沢山音楽も聴きました!
その中でEthnicLegistとの出会いはエジプト魂を熱く刺激してもらいました!
本当に有り難うございました☆

という、こんな作品でした!!

次回は展覧会に行った時の感想です!
凄い作品が多いと思うので!熱出そうだー!!
楽しみです☆

うちのホルスとセトは元気に過ごしてるかな?(母な気分)
展示作業に参加できなくて申し訳ありませんでした。
【関連する記事】
posted by スミス at 05:48| Comment(7) | TrackBack(0) | 油絵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うわああああ!
 入選おめでとうございますーーー!
 これは……すごい! またステキなデザイン画で……!
 見に行きたいーーー!
 
 来年もされるのですか?
 ッ手もう来年の話かよ!スミマセン!
 いやなんだかもう感動してしまって……。
 展覧会の感想も楽しみにしています!
Posted by あやめゆうき at 2011年10月19日 06:36
おめでとうございます♪

完成品が紹介されるの楽しみにしていました〜♪

すごいです♪すごいです♪

ゴールドの凹凸が装飾品みたいで、気になっていたんです♪

また、後でゆっくり見に来ます♪
Posted by あき at 2011年10月19日 08:15
入選おめでとうございます☆
本気で展覧会あるならば大阪から
飛行機で北海道まで軽く飛んでいきたいです!
写真でも素敵な美味しい色使いなので・・・気になります!
真ん中がラピスラズリ色のナイル川っぽく感じたりとかします。
後、凄く戦いなのでパワフルさを感じました。
スミス様の作品が宝石の様に美しい輝きで・・・!
大きさとか気になるから見たくて・・・!!
私は目が悪くて5が6に見えたり、3が8に見える衰え状態ですが!
生で見たくて・・・見たくて!!
ああ・・・見たいってか拝見したくて、毎回スミス様パワーと努力には感動します。
改めて、おめでとうございます!
そして素敵すぎる世界観を教えて下さって感謝しております。
本気でロータスの花束を贈りたい気分です☆
製作過程とか凄い・・・感動して上手く言の葉で今の気持ちを表せないぐらいなんです。
スミス様は神業師だと本気で思いました!!
Posted by 雲葉真白 at 2011年10月19日 15:53
こんにちわ!初めまして!

私、ハンドルネームがjokerなんです。
自分のマークがほしいと探していたんですが、
アナタ様の絵はとてもかっこいい&素敵
なので。
絵を描いてはいただけませんか?
返事はメルアドにお願いします・・。
Posted by Joker at 2011年10月19日 18:55
☆あやめさん
有り難うございますー!!
なんとか入選できましたー!良かったー!
ホルス神とセト神のお陰だと思います!
来年ですか!?
いやぁ〜考えてないです(笑)へへw
この大きさは家に飾るの大変なので
もし描けるとしても30号で・・・
うーんまだ分からないですね!
展覧会の感想も書きますからー☆


☆あきさん
有り難うございます!!
完成品を紹介できて嬉しいです!!
入選してなくても紹介するつもりでしたがww
金色のところはやっぱり頑張りました☆
エジプト愛です♪


☆真白さん
有り難うございます!!
なんとかここまでこれましたー!
大阪から軽く飛んで!?真白さんはホルス神ですか!?(笑)
ちなみに19日から11月6日まで展覧会してます♪♪(笑)
ナイル川の部分はラピスラズリをやっぱり意識してます!!
力強さ出てますか!うわー良かったですよ(涙)
大きさは100号ですよー!でも会場にはもっと大きい作品が多くて・・・圧倒されちゃいました!皆さん本当に凄い!
私も目の方は段々悪くなってw0.5とかの世界です、でも運転で眼鏡してないですw
製作過程とかはもう思い出な感じで!
当時写メとりながら気がついた時に確認するって感じでw常に気になってしまってw
いやぁ〜改めて、エジプト神話は大好きです!


☆Joker さん
こんにちわ、初めまして!!スミスと申します!
お名前がJokerさんですか!!素敵です!!
私の絵について有り難うございます!
こんなんで良ければ了解です!
後で伺いますので宜しくお願いします☆
Posted by スミス at 2011年10月20日 04:44
ご無沙汰しております。入選おめでとうございます!
絵の画像を拝見して…あぁ、やっぱりスミスさんの絵は素敵だな〜と見とれていました。スミスさんのエジプト神々とエジプトへの愛がひしひしと伝わってきてます:)
実物が見たかった…!

スミスさんの絵、大好きです(^-^)


Posted by エツ at 2011年10月23日 23:24
☆エツさん
こんにちわー!そして有り難うございます!
この機会をお借りして油絵でエジプト作品頑張ってみましたよ!
そして大好きなこの神話で!セト神とホルス神を描けて満足です♪(本当はアヌビス神も描きたかったw)
エジプトへの気持ちが伝わって良かったですよ(涙)本当に有り難うございます!
嬉しい限りです!!
Posted by スミス at 2011年10月24日 04:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック