2017年06月27日

感想と

終わってしまいましたが
月9の「貴族探偵」の感想を兼ねての
ムチャぶり探偵最終回

〜最後の貴族様と女探偵さんの流れより〜
貴族@.jpg
続き
貴族A.jpg

貴族B.jpg
本当に最後、ここで刑事登場!現場で二人を見たのか!?が・・・
貴族様、女探偵さんの姿は無く色々と片付けられ「あれ?」のオチ。

そこからの
ムチャぶり探偵の流れとしてムチャ展開すると〜
@貴族C.jpg A貴族探偵.jpg
次の瞬間から殺人事件発生!
みんな役を忘れてます、やはり今までがムチャだったようだ。
マヘスが大暴れしてエンド。
殺戮の主人のストレスは半端なかったようだ!

「貴族探偵」の小説も友達から頂いて今読んでます!
似たような、でも全然違う内容で
登場人物とかはドラマでも名前出てきてるけど、その事件の犯人が違うとか
(オリジナルが小説なので、ドラマであの様に作り変えてるのがビックリ)
原作からドラマへのアレンジが凄いなと・・・!面白いです!
小説もコメディ(ややブラック)系の流れになってるんですが
更に映像的に面白く進化させたのがドラマって感じで、ほんと凄いなと・・・!
どちらの作品もそれぞれ面白いです、これは勉強になりました!
いや〜、ほんと面白かった!!

最終回、あの様になるとは・・・!
貴族様は全ての女性の味方!紳士!素敵でしたぁ!
最終回見るまでちょっと疑っていたけど・・・
(何か黒い組織のトップなんじゃないかなぁ〜とかw)
否!やはりヒーローだった!!

☆★☆★☆
探偵@.jpg
アピス山本との事件現場は大好き
捜査の邪魔をするのが趣味

探偵A.jpg
セクメト田中の淹れる紅茶はある意味絶品だ

探偵B.jpg
ネフェルテム佐藤(設定では10代後半)の真実を知る
しかし今の若者は色々とポジティブである
posted by スミス at 08:31| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
紅茶を注ぐセクメト神みたいな女神像の噴水もありますし、セクシーかつ神聖な雰囲気を出すところは、さすが神です。皆さんも所々にエジプト柄入っていてオシャレですね!セクメト神のエプロンも可愛いです!
…でも、ヘリの手配って、すごく時間がかかるのでは…。
マヘス神の、ムチャぶり探偵に振り回され続けたことによるストレス、お察しします。

ドラマの貴族探偵、ラストの二話だけでしたが、見ました。何か急に人形劇みたいなのが始まって、探偵ものでもかなり斬新な作品なのですね。小説版でも、こんなノリなのでしょうか。事件よりも二人の探偵のやりとりや、貴族の類に見ない推理に焦点を当てているのでしょうか。
個人的に、生瀬さんのコミカルな演技が好きなので、それが見られたのが嬉しかったです。相葉君も、二日前はペリカンに追い回される姿を見ていたので、「うわペリカンに襲われていた人がカッコつけてる」とちょっとニヤニヤしていたのですが、しばらく見ていると貴族キャラのイメージが定着してきて、演技頑張っているなーと思いました。

ちょいちょい入るコメディは面白いですし、従者の行動に度肝を抜かれるのですが、ミステリー&サスペンスとしては、インパクトが無いなーと思ってしまいました。…なんとなく犯人を予想していたら、当たっちゃいましたし…。
小説版は読んでいませんし、ドラマもラストの二話しか見ていないので、ハッキリとは言えませんが、横溝正史やアルフレッド・ヒッチコックといった、神様レベルのミステリー&サスペンスを子供の頃に見てしまったからでもあるのでしょう。
機会があったら、次はいろんな先入観を捨てて楽しみたいです。貴族探偵。
Posted by うみうし at 2017年06月29日 00:52
☆うみうしさん
紅茶を注ぐセクメト、オーケーですか!確かに噴水とか絵画がありますよね!セクシー大成功!(笑)エジプト柄についても!ちょいちょい入れてみましたよ♪気付いてもらえて嬉しいです♪
そしてヘリwwwwwムチャです、はい!
マヘスの気持ちも察して下さると(涙)頑張ったよ(今回だけw)しかし生瀬さんの様にはいかない・・・!

ドラマのラスト2話!観て頂き嬉しいですよぉ!
いや〜でも生瀬さんのコミカル部分はこの2話では発揮されてないです・・・!もっと凄かったんですよ!細かいところまで!演技がっ!一人ツッコミの一人ボケみたいなwそこも凄く面白かったのに!!

ドラマはジャンルとしては濃いミステリーやサスペンスじゃないですねw貴族探偵ww謎解きをする時は使用人が再現VTRを作ってる(最終回で使用人達が色々と演じていたようなノリ、人形劇も有り)感じで、それを生瀬さんの演じる刑事や貴族様がツッコミやダメ出しをしてる感じでwホント斬新作品だと思いますw

小説版ではもっとシンプルで!謎解きする時間が短いですwすぐ犯人言っちゃいます使用人が、貴族様に「手っ取り早く」って言われるのでwなので・・・w読んでる方も「え?」ってなります、最後があっけない感じの印象が強いです、貴族様、事件解決してすぐに美女とデートに出かけたりwなので急いでいる様だw

一番目立って感じたのは主人公が推理をしないむしろ何もしない、でも、だた現場にいるだけで空気が違う(女性相手だと和み存在、男性相手だと危険人物、辛口なのでw)という不思議さ?違和感のある世界?みたいな、それが面白いです。
雰囲気的に水戸黄門のような存在らしいです、貴族探偵が出てくる時には事件は解決する、逆に言うと事件が起こる、起こっているという!

相葉くんwww(ペリカンに追い回される姿ww)そこからは想像できない頑張った演技ぶり!小説の貴族様は高級スーツを着て口髭があるようです、そしてもっと辛口で堂々としてます、相葉君だから優しく、可愛くみえるのでしょうね♪西洋貴族雰囲気の格好はドラマオリジナルで、でもそれも良かったと思います、相葉君が王子に見えたw

犯人予想!あたりましたか!凄い!
私は全然解りませんでしたwww普段ミステリー&サスペンスは観ないんですけど、貴族さまや使用人のキャラが好きで、今回ドはまりです!久々に月9みれて良かったですww

貴族探偵のお話し、有難うございましたぁ!楽しかったです(^u^)
Posted by スミス at 2017年06月29日 20:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/451239463

この記事へのトラックバック